Calender

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

プロフィール

 星辰 

Author: 星辰 
男。25歳。タバコが本体。ネトゲでは「サイ」という名前で遊んでまふ。

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢を見た。

もう随分久しぶりのことだ。最近は疲れて意識が落ちるように眠りにつくから、夢なんて見たとしても覚えちゃいない。

とても幼いころ。世界で自分が一番賢いと思っていたころ。大人になれば何だってできると信じていたころ。仲のいい女の子がいた。顔を合わせたらいつも一緒に遊んだ。その子は僕よりも少し小さくて、末っ子の僕はいつも兄貴風を吹かせて連れまわしたものだ。

あのころの夢を見た。その子はいつもみたいに笑っていた。でもぼくは何故だかとても悲しい顔に見えた。一緒に遊んだ。笑った。この世に悲しいことなんて何もないって信じ込むように。

「おおきくなったら、およめさんにしてくれる?」

いつか聞いたような言葉。でも僕は照れくさくって、そっぽを向いてこう言った。

「おまえがだれにももらってもらえなかったらな」

僕がそう言うと彼女はいつもと違う顔でとても嬉しそうに笑っていた。

すると突然、その子は小さな女の子から美しい女性に成長していた。そして同じように、いつもみたいに笑っていた。僕は彼女にそんな顔をさせるものを憎んだ。そして、自分の無力さを呪った。

「なかないで」

僕は彼女にそう言った。彼女は笑っていたのに。泣いているのは僕の方だったのに。何故だか僕には彼女の方が泣いているように見えた。

「いつかきっと」

「ぼくがきみをたすけてあげるから」

彼女は何も言わなかった。そしてそっと僕にキスをした。それがとても悲しかった。

…そして目が覚めた。なぜかちょっぴり涙が出た。とても懐かしくて、
あたたかくて、でも悲しい夢。今の自分をあの頃の自分が見たら、何て言うだろうか。幼い頃の夢。叶わなかったものばかりだけれど、でもいつか、きっと。少しでも少年だった自分に誇れるように。あの頃守れなかったものを抱えて、今守るべきものを守りたい。


いつもと全く内容違ってスマソ。最近色々あってね…。ちなみに文中の
登場人物等は実際の人物等とは一切関係ありませんw
スポンサーサイト

<< おれのまむが道 | ホーム | 猪突盲信 >>

コメント

米国秘書検定

米国秘書検定(CPS:Certified Professional Secretary)とは、米国秘書協会(IAAP)が認定する、国際的に通用する秘書検定試験のこと http://harquebus.stepuptechnologies.com/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


あさきゆめみしについて

あさきゆめみしあさきゆめみしは、大和和紀の少女漫画。『源氏物語』を漫画化したもの。月刊『mimi』(講談社)に1979年から連載され、のち『mimi Excellent』に移って1993年に完結した。単行本(全13巻)が出され、文庫(全7巻)化もされた。大型本、イラスト集、ポストカ

アニメ・マンガ 集まる! 2007/02/25 11:09

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。